2002年11月24日


マダム・マーシさま、エナジーストーンのみなさま、こんにちは。

たいへんお世話をお掛けしているにもかかわらず、
こちらからお寄せするのは、ほんとうに久しぶりで失礼しております。
とにかく毎日いろいろと石にまつわる出来事が頻繁にございまして、
それを何から何まで全てマーシさまにご報告していては、
時間が追いつかないのと、赤裸々な?日常がさらけ出てしまいますもので、
ご無礼なにとぞご容赦いただきたい次第でございます。

マーシさまならご理解いただけると信じて告白するのですが、
最近ふと気がつくと石と会話?をしている自分を感じるのです。
こんなことマジで言ったら、別の世界にいっちゃった人みたいで、
ためらわれるんですけど、石が半分答えを導いてくれる時があるんです。

それは時には優しく、またたいへん辛く厳しいときもあります。
そして現在起きていることに対してだけではなくて、
石と出会う以前のかなり過去にまで遡って真実を炙り出したり、
もちろんこれから起きるであろう未来のことに対しても、
最終的に行動の決断や判断をするのは、自分自身なんですけれども、
将来をしっかり見据えて、道を間違えないように力を貸してくれてるみたいなんです。

マーシさまを通じて石と付き合うようになってから、
時間的に繋がっていて当たり前と言えば当たり前ではあるのですが、
過去と現在と未来の繋がりを非常に意識するようになりました。
とてもとても深遠で長大な繋がりです。時空を超えているとでも言うのでしょうか、
人間がもともと持っている感性が鋭くなっただけなのかもしれませんが、
それが根拠となるでしょうか、例えば自分にとって無用なものと必要なものとを、
以前にも増して瞬間的にまた高い精度で直感し判別できようになったと思います。

また最近は頻繁に普段は家に置いてあって身につけていない石が、
突然仕事中や外出中の予期せぬところで頭の中にイメージとして浮かんできて、
その後で象徴的だったりシンクロニシティのような出来事に遭うことがあります。

ある時客間に通されてクライアントをお待ちしている時に、ボーッと優しい緑色に包まれて、
あっこれは翡翠かニュージェードが何か囁いているような不思議な気分だなぁと、
感じていたところに、ドアがサッと開き久しぶりにお目に掛かった和服姿のマダムの指に、
燦然と輝くダイヤに囲まれたそれはそれは見たこともない大きな大きな真緑の翡翠
ろうかん?のリングがあった時はもうビックリ、目が釘付けになってしましました。
その後仕事の話しよりその翡翠の話しで盛り上がって商談も上手く運びましたことは、
言うまでもありません。

またある時、有名百貨店の食器売場のレジで会計をしていた際に、
稲妻のようにクリスタルのイメージが頭によぎって、それが真っ二つに割れました。
その瞬間かなり昔の話しになりますが、自分の結婚式の引出物でこともあろうに
一番世話になった叔父のところに壊れた陶器が届いてしまい、身内中で大騒ぎに
なり新婦の自分が大目玉を食らった苦い出来事を何故か想い出しました。
そしてふっと隣りで会計をして去っていった初老のご婦人の商品に目をやると、
それは有田焼きか何かの湯のみ茶碗だったでしょうか内側に一本サーッと細い亀裂が
入っているのが目に飛び込んだんです。陶芸作家の作品か何かのお届け物だったでしょうか、
大小蓋付きのお茶碗が対になっていたので、結婚祝いの贈り物だったのかもしれません。
今まさに店員がそれを白い柔らかい紙で繰るんで包装しようとしている瞬間でした。
「あっ!ダメそれ包んじゃ!そこ割れてる!」気がつくと自分の手は店員の手を掴んで
ました。店員はかなりびっくりして指差す先に目をやり「あっ、ホントだ!」と、
礼をするだか詫びるので私は首を振りながら、そんなことよりホッとしていました。
自分の過去の苦い想い出も、洗い流されていくようなそんな印象を受けながら。

今日11月21日はボジョレーヌーヴォーの解禁日ということで、
昨晩からガーネットが嬉しそうにソワソワでした。
朝、連れてって、連れてってと声が聞こえてきそうなほどで、
マーシ産のロードライトガーネットブレスを右にはめて、
他にもガーネットの指輪やネックレスをして帰りに予約してあった店へ、
取りに入ってきました。ガーネットはこの日をずーっと待ってたみたいですね。
鼓動が伝わってくる感じでした。帰宅後あんまり嬉しそうにしているので、
ワインの瓶にブレスをひっかけてあります。キラキラ感が増した感じです。
いつも生きた石を届けていただいて、ほんとうにありがとうございます。

長くなりましたが、また近いうちに、
シトリンのお話もお届けしたいと思っております。
寒さが厳しくなりますので、お身体ご自愛くださいますように。(Cさん)


とても貴重な体験談をありがとうございました。石は人間や動物、植物と同じ地球の仲間ですので、心の通じる物質ですね。犬や猫、そして育てている花と「お話」できる人が多いように、石たちと会話できることはステキなことですね^^会話はできなくても、石たちにいろんな気付きを与えられるのは、クリスタルヒーリングの基本だったりもします。また不思議な体験談をお待ちしています^^

マダム・マーシstonereview at 02:19│コメント(0)トラックバック(0)パワーストーンとのお付き合い │ このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

マダム・マーシ

パワーストーン占い、ブログ記事が気に入ったらクリックしてね
QRコード
QRコード