2001年11月21日


昨日、ラブラドライトの磨き石とスギライトのペンダントが届きました。その前のオレンジカルサイトの
ブレスとタイガーアイのブレスも届いております。ラブラドライトの黒い肌からにじみ出てくる青い光は
地球の呼吸のようにゆっくりとして、手の中でその光を探すときはまるでローランの湖のように流れて所
在をはっきりとさせず、私の心を釘付けにします。タイガーアイは急に気になり始めて求めました。プレ
ゼントに頂いたタイガーアイは財布に入れてお守りにしています。その時々で求めたくなる石が変わるの
は不思議ですね。欲しいと思う石から今の自分の心が逆に読めそうです(マーシさんの本を片手に)。

最新のコラムも拝読いたしました。私は学校が仏教系だったのでその時分に学んだことですが、物事には
形がなくて見る人がその物事のどの面を見るかで形が違ってくる、というものがありました。私は下向き
後ろ向きにものを考えがちだったので、なるほどと思ったのです。物事はいわば多面体なのでしょう。そ
してマーシさんのコラムを読んでエレスチャルのことを思ったのです。手の届かないところにとてもすば
らしい核心があって、石を回して見るとそれが見えたり、見えなかったり。エレスチャルが仏教でいうと
ころの地水火風の四大を含むというのもうなづけました。もしかしたら、この石は仏様の教えをかたちに
して見せてくれる自然からの贈り物なのかも知れません。エレスチャルを知らなかったら私の思いがこん
なにはっきりすることはなかったでしょうし、マーシさんのコラムを読まなかったらエレスチャルと私の
思いが結びつくことはなかったと思いました。
これからもマーシさんのコラムがとても楽しみです。それからいつも素晴らしい石をありがとうございます。美しい石を持つのにふさわしい人間に早くならなくては、と思います。
寒さが日々厳しくなります。皆さん、お体には充分お気をつけ下さい。(Kさん)

とても深くて心のこもった声をいただき、思わず感涙にうるむマーシです^^;;;私にとってエレスチャルは水晶の偉大さを教えてくれた先生といえますし、Kさんと同じく仏教的な真理のようなもの、あるいは観音様の身代わりのような、そんな石であるような感覚を受けることがこれまでもしばしばありました。こうして、石に深い理解をしてくださるお客様に恵まれて、私たちスタッフ一同もとても幸福です。コラムは私が石といろいろかかわっていく上で体験したことを、これからも発表していきたいと思っています。私こそ、これからも本当に美しく「気」の良い石たちと縁のあるように、心を磨いていきたいと思っています。今度ともよろしくお願いします^^

マダム・マーシstonereview at 00:10│コメント(0)トラックバック(0)ラブラドライト | エレスチャル(骸骨水晶)このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

マダム・マーシ

パワーストーン占い、ブログ記事が気に入ったらクリックしてね
QRコード
QRコード