2010年04月15日

東京の桜は散ってしまいましたが、桜の優しいピンクを見るとやはりローズクオーツを連想してしまいます。
水晶に品質の差があるように、ローズクオーツにも、等級のようなものがあります。
_0434





最も美しいのは、向こうが透けて見え、さらにピンク色の濃いもの。これは素晴らしいローズクオーツで、宝石質といわれ一級品です。

次に良いのは、半透明でピンク色の濃いもの、あるいは色はやや薄めでも透明度が高く透けて見えるもの。ブラジル産に多いです。

半透明で、ピンク色が濃かったり、色がきれいな桜色をしているのが、同じく良いもの。マダガスカル産は半透明が多いのですが、全体に色がきれいで、クラックが少ないものが多く、スターローズは半透明のものが多いです。

絶対に購入してはいけないのは、不透明でピンク色か白か、判然としないもの。
これはローズクオーツとはいえないしろもので、鉱物店や質の悪い石を売っている店でよくみかけます。

クラックの入り方や、色合いにもよりますが、やはりローズクオーツといえば、美しいピンクであることが絶対条件です。不透明でも、キャンディーのように可愛らしいローズクオーツも、初心者にはいいでしょうね。

stone2010



マダム・マーシstonereview at 20:00│コメント(0)トラックバック(0)ローズクォーツ | 石の雑談このエントリーをはてなブックマークに追加

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

マダム・マーシ

パワーストーン占い、ブログ記事が気に入ったらクリックしてね
QRコード
QRコード