2011年11月03日

_10143ラピスラズリといえば、パワーストーン中のパワーストーンというべき存在感のある石ですが、使いこなせば使いこなすほどに、「ただ者でない」と感じさせる石でもあります。
聖石というのにふさわしい風格の石であり、西洋占星術では、幸運の星「木星」に該当させる人もいれば、一般には不運といわれる星「土星」に当てはめる研究者もいます。


私は2004年に出版した「パワーストーンBOOK」で、ラピスラズリを「父性的な厳しさもある石」と書きました。そのため、出版当時大きな反響をいただきました。その当時は、ラピスラズリといえば「幸運の石」であり、持てば幸運が舞い込むかのように喧伝されていたので、多くの読者に衝撃を与えたようでした。
しかし、その反響は、ほぼすべての人が「まったく同感だ」というものでした。ラピスラズリには、厳しい父のように、間違った思考を叱り、道を諭してくれるような、父性的な愛に満ちた石というのが、私は体験上で知っていました。そして、多くの方がそれを支持してくれたので、私もその後、研究を重ねることができました。
ラピスラズリは、チャクラでは第六チャクラに当たります。額のチャクラを意識しながらのメディテーションで、第六チャクラの活性を促します。
しかし、第六チャクラというのは、第2チャクラと対応していることをご存じでしょうか?(拙著「願いがかなうパワーストーンレッスン」に詳細)
願いがかなうパワーストーンレッスン―健康と幸運のためのチャクラ活性法 (セレクトBOOKS)
願いがかなうパワーストーンレッスン―健康と幸運のためのチャクラ活性法 (セレクトBOOKS)
第六チャクラだけに刺激を与えても、第2チャクラが活性していないと、目覚めや成長はありません。
そして、第2チャクラこそ、「カルマ(宿業)」といわれる過去生からの因果が埋め込まれている場所なのです。
インナーチャイルド、といわれ、子供の頃に体験したトラウマもまた、「カルマ」に関係するものです。子供の頃の防ぎきれなかった「心の傷」は、人生にとって必然のテーマであり、個々に持っている「カルマ」を気づかせ、私たちの人生を、カルマ解消や成長に結びつけさせてくれる体験です。
ラピスラズリは、まさに第2チャクラのカルマに焦点を絞って働きかけるパワーストーンです。
ラピスラズリでのメディテーションは、良質の石であればあるほど、重要なカルマに働きかけます。

次回、11月13日のクリスタルメディテーションでは、最高品質のラピスラズリを使ったメディテーションと、ラピスラズリの謎についてのミニ勉強会です。途中、息抜きに交流会の時間もありますので、一日、ラピスラズリとクリスタルに浸って楽しく過ごしたいと思っています。

11月13日(日)
第一部14:00〜16:00
クリスタルメディテーション 光が丘区民センター5階和室

第一部〜第二部の間は、自由に休憩しながら、交流会を行います。

第二部18:00〜20:00
ラピスラズリを使いこなすワーク 光が丘区民センター2階和室
を予定しています。
参加費 1.2部受講3000円(どちらか1部のみの方は2000円)当日払い可

お申し込みはこちらから




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

マダム・マーシ

Amazonライブリンク
パワーストーン占い、ブログ記事が気に入ったらクリックしてね
QRコード
QRコード