2012年06月05日

ルビースタールビーの指輪には面白い体験があります。
それは、今から9年前の、経済評論家のリチャード・クー先生との講演会のときの話。
「経済界の皆さんに風水や宝石のお話をしてください」、と講演の依頼があり、ドキドキしながら、大きな講演会に臨みました。


講演は、いろいろな所で慣れていましたが、経済界というお堅い舞台は初めて。
しかもいつもは聴衆は女性ばかりなのに、ほぼ全員が男性という雰囲気の中でした。

講演会のときには、いつもターコイズ、エメラルドが必須アイテムでしたが、私はその日、講演会のあまりの規模の大きさに、ルビーでカリスマ性をアップさせようと、スタールビーの指輪と、小さなダウクリスタルを持って、演台に上りました。広い講演会場の中で、女性は私だけ、という状況で、圧倒されかかっていたということもあります。

女性性の代表ともいえるルビーで、男性のエネルギーに満ちた会場に負けないようにと願ったわけです。

すると、なんということでしょう!!

演台に上る瞬間、指輪からルビーのルースが、ポンという軽い感じで、抜けてしまったのです!ノ( ̄0 ̄;)\オー!!ノー!!!!

ちょうど、ルビーからエネルギーをもらうために、指輪をしっかり握りしめていたところでした。
だから、手元から落ちずにすんだのですが、私はその瞬間を昨日のように覚えています。

「おまえは今、輝いているんだ!自覚をもて!」

そんな意味の思いが、おなかからわきあがってきました。

私はそのまま、上がることもなく、あわてることもなく、演台に立ち、大勢の聴衆を見ました。まったく冷静な気持ちでした。
落ち着いて、手元のレジュメを見ながら、にこやかに講義を終えることができました。
拍手が沸き、主催者様からも、態度や講演内容を褒めていただけました。

その内容が評価され、その後、竹村健一先生や、榊原英輔先生との講演も実現できました。

スタールビーは、おそらく、その指輪にはまりきれない、はちきれんばかりのエネルギーを私に与えようとしてくれたんだ。

そんなふうに思えた出来事でした。
たぶん、物質的なエネルギーの壁を超えて、大きさが指輪の台におさまりきれず、はずれてしまったのです。
(肥ったお腹のGパンのボタンがはずれるごとく^^;;;)

そんなわけで、ルビーとはかくも、エネルギーの高いパワーストーンであることを体験した私でした。

久しぶりに、そのルビーの指輪を今、手にして、ふとそのときの体験を思い出した私です。

だから、みなさん、指輪やペンダントのルースがはずれたとき、そのパワーストーンが本領を発揮して、物質以上のエネルギーを提供してくれているとき、と思っていいんですよ。

マダム・マーシ
================
☆守護石鑑定学通信講座開催中☆
資料請求はお気軽に
☆日本のホリスティック医学の第一人者帯津良一先生絶賛の瞑想CD☆
〜クリスタル・クリアリング〜発売中!
☆パワーストーン大事典絶賛発売中!
================
ご連絡はstone2010☆goo.jp
(☆を@に変えてgoo.jpを受信可にしてください)

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
プロフィール

マダム・マーシ

Amazonライブリンク
パワーストーン占い、ブログ記事が気に入ったらクリックしてね
QRコード
QRコード