2012年06月02日

BlogPaint「易」を知らない方に、ちょっと解説を。
「易」は、三本の線で表される、占いの基本。というか深遠な東洋の叡智です。
図のーと--の3本の線は、陰と陽をあらわし、陰陽3本の組み合わせで八つの卦を出すので、「八卦」といいます。
守護石鑑定士さん、クリスタルカウンセラーさんは、万年暦をごらんになってください。
「先天定位盤」というのが載っています。この図は、河圖の図といって、「先天定位盤」の基本となった図形のイメージ図です。(図はちょっと表記が間違っていますけど、せっかく、当時継続使用許可をいただいた図柄なので、そのまま載せてしまいます)続きを読む

マダム・マーシstonereview at 10:23│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加

2012年06月01日

b_hktai6パワーストーンの選定をするとき、私は「五行」という方法を使った「守護石鑑定学」をみなさんにお教えしています。
その中には、同じ「五行」と「易」を応用した「九星気学」も学習する内容が入っています。
さて、実際に私自身が、いくつかの石の中から、あるパワーストーンを自分で選定するとき、九星気学の理論を用いることはもちろんですが、ついでに「梅花心易」という「易占い」を用いると、選定の時間が短縮され、かつ効果が出るので、よく使っています。続きを読む

マダム・マーシstonereview at 08:41│コメント(0)トラックバック(0)このエントリーをはてなブックマークに追加
プロフィール

マダム・マーシ

パワーストーン占い、ブログ記事が気に入ったらクリックしてね
QRコード
QRコード